【日常】朝活を実践して感じるメリット 5選

日常

朝活を実践しだしてからしばらく経ちますが、ボチボチそのサイクルに慣れてきました。

朝活の定義が何時から活動することなのか?はよくわかりませんが、私の場合は

4:30起床→出勤準備
5:00朝活開始〜6:00
6:00出勤


というスケジュールとなって、朝活の時間は実質5時から6時のわずか1時間となっています。
この限られた時間の朝活ではありますが、色々感じることがありました。

今回は朝活を実践したことで実感したメリットを5つ紹介します。

1.気分がいい(メンタル)

今までより早く起きる分、慣れるまでは体がしんどいですし、まだ寝れる時間だ・・・という誘惑が私を襲います。

ただ習慣化してしまえば目覚めもいいですし、スッキリします。

4時台ですとさすがにまだ太陽は上っていませんが、今の時期だと涼しくて気持ちがいいものです。(これから冬場にかけてだんだん寒くなってくるのでこれからば正念場かもしれないですね)

2.健康になった(気がする)(フィジカル)

気持ちの問題が知れませんが、体調が良くなった(体調を崩しにくくなった)気がします。

規則正しい生活を送れていることの副次効果だと思います。

もうちょっと時間に余裕があれば体を動かすことができるのですが、1時間ですとブログのためにPCに向かうので精一杯です笑

3.寝坊のリスクが減る(アクシデント)

当たり前ではありますが、早く起きる習慣ができるため、寝坊しづらいです!

私は毎年のように年に1回は寝坊をしてしまう日がある気がします。

普段は目覚ましに敏感なため1回で起きるのですが、寝坊する日は前の日に疲れが溜まっていたのか、油断していたのか、無意識に止めていたのか・・・。

また朝活で起きる時間が早くなり、出勤時間までの間に余裕があるため、万が一寝坊しても間に合う可能性を確率を上げることもできます!笑

4.作業が捗る(エフィシェント)

朝に作業をすると、とても捗ります。

脳の活動が活発になる時間については諸説ありますが、起床から3〜4時間でピークを迎えると言われています。

なので、それまでに脳を使う仕事をすることは合理的と言えます。

私の場合朝活でやれる時間が短いため、短時間でできることをさらに集中して効率よくやるように心がけています。

5.活動時間が増える(タイムマネジメント)

普段夜やる分を朝に回しているだけなのですが、私の場合帰宅すると妻、子供がいるので、夜はできるだけPCに向かわずに一緒に過ごしたいと考えています。

ですので、一人で作業をする時間を確保するためにも朝活は自分の生活リズムとシナジーが良かったと言えます。

あと時間管理の面でもメリットがあります。

意識的なところではありますが、時間を効率よく使うように心がけるようになりました。

平日はもちろん休日もリズムを崩さないために継続するようにしていて、1日のスケジュールを大体決めて過ごすクセが付きました。(とは言っても子供の気分次第でスケジュール通りに行かないことも多々ありますが笑)

まとめ

ここまで、朝活の魅力についてお伝えしてきました。慣れるまでは少し大変ですが、慣れればいいことづくしですし、1日のスケジュールも自然と意識するようになります。

家族との時間1人の時間両取りできる、朝活を1度試してみてはいかがですか?

今回は「【日常】朝活を実践して感じるメリット 5選」というお話しでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

日常
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!!
アラフォーの学び舎ブログ

コメント