【おすすめ】ワイヤレスイヤホンの魅力を紹介

おすすめ

みなさんはイヤホンはお使いになりますか?イヤホンで音楽を聴きながら、もしくは動画を見ながら、通勤通学の方も多いと思いますが、その方にとっては必須アイテムですよね。今回はワイヤレスイヤホンを使い続けてきて感じた、メリットとデメリットを紹介したいと思います。

ワイヤレスイヤホンここがイイ!

1. 収納の手間から解放

通常のイヤホンのコードはしまう時が面倒くさいですし、ちゃんとしまったと思ってもグチャグチャになることがよくありますよね。ワイヤレスにするとコードの煩わしさが一気に解消します。1番のメリットですね。

2. 装着時の煩わしさから解放

1に近いですが、装着時にもコードが引っかかるのを解消できるのはありがたいですよね。もはやコードが無いとつけていることを忘れてしまいます。

3. 断線のリスクから解放

有線ということは必ず繋ぎ目が発生するわけで、出し入れが頻発するイヤホンはどうしても年々劣化していき最終的には断線する可能性があります。最新のものは断線しにくいように改良されてきてるとは思いますが、ワイヤレスはそもそも線がないので心配無用です。ちなみに私のワイヤレスイヤホンは使い続けてまだ約2年とそんなには長くないですが、バリバリ稼働しています。

4. 耳にすっぽり収まりスタイリッシュ

2に近いですが、コードがないことで見た目がスッキリします。私は極端に耳からはみ出ているものはあまり好みではなく、出来るだけ耳の中に収まっているデザインのものを選んでおり、この点は特に拘っています。ちなみに小さくても意外に外れにくいです。5.音質は気にならない音質についてはと比較して聞いたことがないのと、私自身あまり拘りがないため特に気になりません。音質重視の方にとってはイマイチかもしれません。

ワイヤレスイヤホンここがダメ!

1. 耳から外れることがある

ここがイイ!の4で意外に外れにくいとは言いましたが、それでも外れることはたまにあります。ただ、ワイヤレスでも両耳が繋がっているタイプもあるので選ぶイヤホンによっては問題ないかなと思います。

2. 充電の手間がある

有線と違い充電する必要があります。殆どが持運び用のケースがバッテリーとなって保管時に勝手に充電される仕組みになっているとは思いますが、そのケース自体の容量が底を尽きると、使用できなくなります。私も充電を忘れていて使おうと思っていたタイミングで使えないことがしばしばありました。意外に容量があるので忘れがちですが、注意しておけば何も問題ないかと思います。

3. ケースが少し嵩張る

嵩張ると言っても有線に比べると、言うだけです。外出時に鞄に忍ばせておく程度には十分省スペースです。

4. ペアリングに不都合が生じると再設定が少し手間

私の使用していたものは両耳のペアリングに保管ケースが必要で、シンプル構造故に操作が難しくて少し手間取りました。これも選ぶイヤホンによるかとは思いますし、私の使用しているものが約2年前の安価なものだからと言うのもあるかもしれません。5.時々プツプツ途切れて聞こえづらくなるやはりワイヤレスなのでたまにではありますが、プツプツ途切れることがあります。周りと電波との干渉の影響もあるかも知れません。この点は有線に比べると断然劣っている点かと思います。ラグが気になったことはないですが、ゲームに使用したい方はもしかしたらラグを感じるかもしれないので、控えた方が良いかもしれません。

学生時代の思い出

話が逸れますが、私が学生時代にも一応ワイヤレスイヤホンはありました。ただ今以上に音切れが大きく、サイズも大きいものでした。ですので使い勝手が良くなく結局有線のものを使用しており「このコードから解放されたい・・・」と常々考えていたものです。それが現実になっていると思うと最新のテクノロジーってすごいですよね。

まとめ

今回は私がワイヤレスイヤホンを使い続けてきて感じたメリット、デメリットを紹介しました。私にとってはワイヤレス化は夢のような技術ですが、やはり音質にこだわる方、少しのラグ、音切れでも気になるかも、という方にはオススメできません。その点私も少なからず体験していますし、そのあたりはワイヤレスにした代償だと思っていますので。

価格帯もピンキリではありますが、1万円以内安いものだと5,000円以内で購入できるので、試しに購入して使用感を確かめてみるのもいいかと思います。百聞は一見に如かずですからね。

今回は「【おすすめ】ワイヤレスイヤホンの魅力を紹介」というお話しでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!!
アラフォーの学び舎ブログ

コメント