【仕事効率化】仕事や家事はパズル

サラリーマンライフ
慌しいサラリーマン
慌しいサラリーマン

仕事を効率よく進められない・・・

慌しいママさん
慌しいママさん

いつも家事に追われている・・・

今回はこのような方向けの記事です。

みなさんはイラチという言葉をご存知でしょうか?

関西圏でよく使われる言葉で、「慌て者」「せっかち」という意味で使われます。

私はどちらかと言うとイラチなのか、何かをやっていて発生する待ち時間を無駄だと感じてしまいます。(待ち合わせで待たされる分には大丈夫なのですが)

仕事においても家事においても待ち時間を利用して何かできないか?を常に考えています。

今回は私が日々意識している、待ち時間を少なくする、時間を効率よく使って仕事や家事をするポイントなどを紹介していきます。

皆様の日々の生活のヒントになれば幸いです。

待ち時間短縮ポイント

時間を効率よく使うポイントはたったひとつだと思っていて、それが

ほったらかしで進むものを優先でやる

です。

そんなの当たり前だ!!

と思っている方も多いかもしれませんが、案外できていないという人が私の周りには多かったので、もしかしたら意識していない人も多いのでは?と思っています。

では具体的に、ほったらかしで進むものとはどのようなものか?

例1 仕事編 人にお願いすること

おそらくは意識されている方も多いとは思います。

自分だけで完結する仕事ばかりであれば良いのですが、他の人が関わる仕事の方が多いのが現状です。

自分が動いている間に他の人も並行して動ける、もしくは動かすことができると、時間を有効に使うことができるため、人にお願いすることは先にお願いしておくようにしています。

例2 家事編 洗濯(洗濯機、干し)、食洗機、浴槽のお湯溜め

最近の1番のブームは家事のやりくりです。

「先に洗濯機回しちゃおう」とか、「帰ってきたら速攻浴槽のスイッチ入れよう」とか、時間を効率よく使えるように日々意識しています。

最近は帰ったらすぐに子どもの相手をしに行ってしまうのですが、その間に浴槽を溜めておくことでお風呂の準備をしつつ、子どもと触れ合うこともできます。

たまに忘れて、時間が倍かかってしまうときもありますが、それはそれで子どもと触れ合う時間を多くとれるので、良いのですが。

例3 PC編 処理待ち(コピペ、ダウン/アップロード、エンコード)

PCに関しては突発的に発生することが多いので、優先度をつけてやることが難しいかもしれませんが、出来るだけ意識するようにしています。

ただPCスペックによっては待ち時間の間、PC作業ができないこともあるので気をつけています。

たまに処理の最中に余計なこと、他作業をしてしまってハングアップしてしまうことがありました。

特に入社したての頃のPCは今よりもCPUの処理が貧弱だったため、よくフリーズして先輩に怒られていました。

(今のPCは多少無理しても大丈夫なので使いやすいです)

例4 料理編 煮物、レンジ加熱

料理をされている方にとっては基本なのかもしれないですね。

私は料理を普段やらないからこそ、逆に意識してやるようにして効率よく進められるように意識しているのですが、煮物やレンジで時間をかけて調理するものは、優先的にやるように心がけています。

私が作れる料理の代表格はカレーなのですが、カレーも10~15分程度煮込みの時間があり、その間キッチンは離れられないがやることもないため、サラダを作るなどして時間をうまく利用しています。

ありきたりかもしれませんが、家事による時間の有効活用の代表のようなものですね。

まとめ

タイトルにもある通り、私は時間短縮のために物事に優先順位をつけることを、パズルをイメージしており、楽しみながら実践しています。

何をやるにも、これを先にやっておけば待ち時間をうまく使えるな、と考えるクセがついています。

待ち時間で別のやることがキレイに終わって、待っていた作業をすぐに再開できると、それはそれはとても気持ちがいいものです。

あまり根を詰めてやることではないですが、時間を効率よく使うために、意識してみてはいかがでしょうか?

今回は「【仕事効率化】仕事や家事はパズル」というお話しでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント