【仕事術】チームを率いる際に気を付けること7選

サラリーマンライフ

私は仕事柄、チームをまとめて全体で動くことが多々あります。

もちろんうまくいかないこともありますが、プロジェクトを成功させるためにいつも全体に気を配りながら、どのようにしたらうまく進められるかを気にしています。

今回は

チームがうまくまとめられない

チーム内でもめて仕事がうまく進まないことがある

といった方向けに、私がチームを率いる際に気を付けていることを7つピックアップして紹介していきます。

チームを率いる際に気を付けること7選

1. 各人の特徴、性格を知る

まずは、それぞれの人がどのような人物なのかを知ることが重要です。

人によって性格や考え方、特徴が異なるので、どのように接すればいいかを人によって変えなければなりません。

リーダーである自分の個性を前面に出して、全て思うとおりに従わせる独裁的な統率の仕方もあると思います。

私の前任がどちらかというとそのようなタイプでしたが、チームのメンバーの不平不満がたまっている雰囲気が漂い、決して良い雰囲気とは言えませんでした

なので私が仕切るようになってからは、しっかり従わせるべき時と、みなにあわせる時をメリハリをつけて、みなが仕事に専念できる雰囲気づくりに注力するようにしていました。

2. 各々の関係性を知る

一人ひとりの特徴を抑えても、自分一人で全てをカバーできるわけではありません。

チーム内にはたくさんの人がいて、それぞれが、それぞれと関係を持っています。

全てを知ることは不可能でもある程度それぞれの関係性を知ることで、接し方・対応の仕方が変わってきます。

どうしても人には相性があり、好き嫌いがあります。

人の考え方というのは変えることができないので、その人が周りのことをどう思っているか、関係性はどうか、も含めて知ることで、よりチームをまとめやすくなります。

3. 自分への評価・印象を知る

リーダーである自分に対して、どの様な考えを持っているかもできれば知っておきたいところです。

ただ、みなも正直に言わないので自分に対してどう思っているかを知ることは難しいと思います。

(リーダーを評価するシステムを積極的に取り入れても面白そうですね)

ですので、私の場合は雰囲気で察するように心がけています。

正しく受けてれているかは怪しいかもしれませんが、相手がどう思っているかを考えることが重要だと思っています。

4. 毒要素の人物に注意をする

チームの人数が多くなればなるほど、個性的な面々が集まりやすいです。

その中でも、どうもこうも手に負えない「毒」的な存在の人がいることがあります。

毒要素を持つ人物がいると、その毒がチームに広がって雰囲気を悪くし、仕事がうまく回らなくなってしまいます。

そのような人はチームに向かないので、できれば編成段階で取捨選択できればいいのですが、選ぶことができない場合も多く私もそのような人と一緒に仕事をすることが多いです。

毒人物の対処は難しく、やはりその人の特徴を知ることが重要です。

その上で時には言うとおりに従い、時にはチーム全体のことを思って意見を突っぱねることもあります。

気分を損ねると、さらにチームの雰囲気が悪くなる時もあるので、丁寧かつ大胆に対処することが毒を制するカギだと思います。

5. まとめ役(小リーダー)と密に連携を取る

自分の下にさらにリーダー(小隊長)がいた場合、その人の存在もかなり重要です。

詳細な指揮は小隊長に任せることが多いのですが、ちゃんと進むべき方向に進んでいるか、チームの雰囲気が悪くなっていないかの確認をする必要があります。

対処が遅いとプロジェクトとして対応が不可能になる場合もありますし、人間関係についても少し遅れると修復不可能となる場合もあります。

小隊長との信頼関係が特に重要なので、密に連絡を取るようにしていました。

6. みんなの意見に耳を傾ける

リーダーとして自分の意見を押し付けるのではなく、それぞれの意見を聞く姿勢を大事にしています。

チームの皆はそれぞれ不平不満を抱えながら仕事に取り組んでいます。

自分に対してもそうですし、チーム内の誰かに対して、仕事の内容に関して、顧客に対して、様々な意見があるはずです。

自分の中で消化している人はいいのですが、それを吐き出した人は消化しきれず相談してきてくれています。

場合によっては口調で「文句」と捉えがちな場合もありますが、それも「意見」と捉えてしっかり対応していくことが重要だと思います。

【仕事術】文句と意見の塩梅
今回は上に立つ立場として受ける言葉を「意見」と取るか「文句」と取るか、について考えていきたいと思います。

7. 自分から積極的にコミュニケーションを取り、仕事に関わる

自分の中のリーダー像として

自分から積極的に業務に取り組む

というのがあります。

これは、口だけでふんぞり返るのではなく、自ら動く姿勢を見せることで、下もやらなけらばならないという、背中で語るリーダーをイメージしています。

これは前任の人がそうだったので、自分もそう在りたいという思いで自ら行動しています。

ただ、リーダーは得てして口を出し過ぎる、手を出し過ぎるといい顔をされないので、匙加減は意識しています。

まとめ

今回はチームのまとめかたについて解説してきました。

色々な人の編成で、幾度となくチームをまとめてきたから言えますが、リーダーの在り方でチームの雰囲気は変わりますし、仕事の良し悪しも変わります

みんなのモチベーションにも関わりますし、できるだけ気持ちよく仕事をしたいですよね。

チームがうまく回っていない、もしくは自分がリーダーになった場合、今回紹介した7つを意識したチーム作りをしてみてはいかがでしょうか。

今回は「【仕事術】チームを率いる際に気を付けること7選」というお話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント