【資産運用】投資信託とETFどちらのほうがいいの?

資産運用
投資初心者
投資初心者

投資信託ってよく聞くけど、ETFって何?

投資初心者
投資初心者

結局、投資信託とETFってどっちがいいの?

このような方向けの記事です。

投資信託はさまざまな金融機関や窓口から商品が出されており、国の優遇税制で積立NISAを推してきたこともあって、まだ資産運用を始めていなくても、「名前は聞いたことがある!」、という方も多いのではないでしょうか。

ただ同じような商品にETFというものがあるのですが、こちらは英略語で難しそうですし一気に認知度は下がりそうです。

今回はそのような投資信託とETFの違いと、どちらを選択すればいいのか?を解説していきます。

分散投資の考え方

それぞれの説明の前に、投資の基本的な考え方について簡単に解説します。

一般的に資産運用の基本の一つに分散投資というものがあります。

株式投資において、ある1社にのみに集中して投資を行なった場合、その会社の業績が傾いてしまうと自分の資産(株式)も共倒れしてしまいます。

分散投資はその共倒れのリスクを抑えるために、1社だけではなく複数社に分けて分散投資を行います。

そうすることで、1社が損失が生じてもダメージをできるだけ少なくすることができます。

ただ株式の分散投資を行おうとすると、実はかなりの資金が必要になってきます。

現在、株式の最低株数は100株なので、1株1,000円だとすると、最低でも10万円必要になります。

10社に分散しようとすると100万円必要になるため、一般家庭の個人投資家ではなかなか手を出すことができず、分散投資を行うことが困難になります。

投資信託とは?

金融庁HPに用語集によると以下の通りです。

投資信託(ファンド)
「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」のこと。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

資金を集めて分散する

先程資産運用は分散投資が基本と説明しましたが、1人だと分散には多くの資金が必要で困難でした。

そこで投資信託会社が投資家から資金を集めて、その集まった資金で分散投資をする、というのが投資信託です。

投資信託会社がお金を集める際には、その商品ごとの運用方針を目論見書という書面で提示し、その内容に賛同した人が購入していくことになります。

投資信託には手数料がかかる

投資信託会社はタダで資産運用をしてくれるわけではなく、手数料をもらうことで成り立っています。その手数料を信託報酬と言って、投資信託の商品ごとで異なります。

信託報酬は大きいもので年間3.41%、最安クラスで年間0.0938%とかなりの差があります。

例えば年間40万円投資信託で積立た場合

信託報酬3.41%  ⇒ 年間13,640円
信託報酬0.0938% ⇒ 年間  375円

と1年間で13,000円もの差が出てきます。

ETFとは?

金融庁HPに用語集によると以下の通りです。

上場投資信託(ETF:Exchange Trade Fund)
一般的に、ある指標に連動する運用を行う、証券取引所に上場する投資信託のこと。指値や成行注文が可能です。

投資信託と異なるのは、ETFは株式と同じように証券取引所に上場しているため、株価が常に変動し、取引が自由に行える点です。

ただETFも複数の投資家から資金を集めて分散投資をするという点で、基本的な仕組みは投資信託と同じです。

資産運用をしてもらうので信託報酬も発生しますが、一般的にETFの方が安いと言われています。

理由はETFが指数に連動する運用方針のためコストが抑えられるからです。

とはいえ投資信託にも優良な指数連動型のファンドがあり信託報酬も低いので、あまり差はないように思います。

投資信託とETFどちらを選ぶべき?

上記で説明した通り、投資信託とETFどちらにもそれぞれの良さがあります。

一概にどちらが良いかは言えず、投資スタイルというのが解になると思いますが、自分の中での大きな違いは、得られた配当金(分配金)を手元に残せるかどうか、です。

私が知っている優良投資信託は配当金再投資型で、自動的に再投資してくれる代わりに手元には配当金が配られません。

逆を言えばわざわざ自分で配当金を積み立てる必要が無いので、再投資の手間が省けます

一方ETFに配当金再投資を自動で行う仕組みはなく、再投資するには自分で買い付けを行う必要があります

ただ逆にいうと、手元の配当金は自由に使うことができます

複利の力を生かすために再投資するもよし、ボーナスと思って家族するもよしと、選択の自由が生まれます

この配当金というものをどう捉えるかが、投資信託とETFを選択する重要な鍵だと思います。

まとめ

ここまで、投資信託とETFの違いを解説してきました。

基本的な仕組みは同じなのですが、株に近い性質な分ETFの方がとっつきにくいような気がします。

金融庁が勧めている長期投資のための優遇税制であるつみたてNISAも、ETFに対象商品は少なくほぼ投資信託なので、投資信託は初心者向きなのだと思います。

投資信託とETFは自分の投資スタイルにあった方法を選べば良いですし、どちらもやって自分に合った方を継続していくというのもありだと思います。

そのためにもまずは自分に合った投資スタイル、目標を見つける所から始めてみましょう。

今回は「【資産運用】投資信託とETFどちらのほうがいいの?」というお話しでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント