【資産運用】バリュー株投資始めました【銘柄選定】

資産運用

株式投資には色々なスタイルがあります。

売買額の利ざやを得る方法(キャピタルゲイン)、会社の利益から捻出する配当金を分けてもらう方法(インカムゲイン)、株主優待をもらう方法があります。

売買スタイルとしてデイトレード、スイングトレード、中長期保有があります。

今回はその中でも、キャピタルゲイン狙いで中長期保有を投資スタイルとするバリュー株投資について解説していきます。

バリュー株投資に至った経緯

私は自分の今後のライフスタイルを考慮して、家計費での資産運用は米国高配当ETFを選んできました。

米国高配当ETFは配当金狙いの長期保有が前提であり、さらに毎月定期購入としているため、あとは配当金の推移が右肩上がりになるのを見守る状態です。

この度、

たけた
たけた

自分の小遣いの範囲で自由に資産運用をやってみたい

と妻にもし出たところ快く許可をもらったので、この機会に色々チャレンジしててみることにしました

現在実践しているのは米国高配当ETFということで、全く違う角度から攻めてみたいと思い、日本株のバリュー株投資を実践してみることにしました。

もともと米国経済に比べて日本経済は成長が芳しくなくインデックス型の投資対象としては不適格かなと感じていたのですが、個別でみるともちろん成長している銘柄もあるので、個別でやるなら自国である日本株かなと思い日本株投資としました。

たけた
たけた

アクティブ運用は勝てる要素が少ない、と思いつつも自分の小遣いの範囲、趣味の範囲、失敗も糧になる、と思い全力で挑むことにしました。

バリュー株とは

まずバリュー株とは日本語で割安株のことで、企業の実態よりも株が割安、過小評価されている銘柄のことです。

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を指標として選定していくことになります。

銘柄選定基準

バリュー株投資についてはインターネット上で色々情報が出ていますが、銘柄を選ぶ基準やどのような考え方で実践していくか?については、「弐億貯男」さんの書籍「10万円から始める! 割安成長株で2億円」を参考にしました。

参考:会社員でも株で年30%!2億円達成!弐億貯男さんの割安×成長株発見のカギはIPO(楽天証券のサイトトウシルより)

書籍を参考に以下の順番に絞り込んでいます。

  1. IPOセカンダリー銘柄から選定
  2. PER10以下か?
  3. 直近2〜3年が増収増益か?
  4. 配当利回り3%以上か?
  5. 配当性向30%以上を公約しているか?

ただ片っ端から調べているのですが、なかなか当てはまる銘柄がありません。

今後の成長が期待できるもの(グロース銘柄)でないと意味がなく、選ぶ銘柄の業種や経営方針などにも目を配っているため、難航しているというのもあります。

あとこの銘柄選定やってる時は楽しいのですが、IPO銘柄に絞っているにもかかわらず数が多いためかなり時間を要します。

たけた
たけた

銘柄選定をやっているときは投信、ETFのありがたみをしみじみ実感します。

選定基準と照らし合わせながら自分がピンときた銘柄を探しているのですが、まだこれといったものが見つかっていません。

さらに最低購入株数が100株ということもあり、自分の持ち金で買える範囲が狭まっているというのもあります。

当たり前ですが種銭確保が重要ということですね。

ですが、自分のお金を投じることになるため変な判断もできないので、あせらずじっくり銘柄を絞り込んでいきたいと思っています。

まとめ

ここまでバリュー株投資についてお話ししていきました。

人生初のアクティブ運用で、ココロオドっています。

色々調べてきた知識を投入するときがきて嬉しい反面、やはりギャンブル要素が強いなともしみじみと感じています。

とはいえ、まずは実践して肌でその大変さを体感しようかと思います。

今回は「【資産運用】バリュー株投資始めました【銘柄選定】」というお話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

資産運用
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me!!
アラフォーの学び舎ブログ

コメント